難病・小児慢性特定疾病地域共生ワーキンググループとりまとめ

 厚生労働省の「難病・小児慢性特定疾病地域共生ワーキンググループ」(座長:小国 美也子 鎌倉女子大学児童学部教授)は、このたび、これまでの議論のとりまとめを行いましたので、公表します。

 本ワーキンググループは、難病対策及び小児慢性特定疾病対策に関し、令和元年6月28日の合同委員会(※)で整理された「今後検討するべき論点」のうち、療養生活の環境整備、福祉支援、就労支援及び小児慢性特定疾病児童等自立支援事業に関する論点について、専門的見地から、対応の具体的かつ技術的な方向性を検討するため、令和元年9月から、5回にわたり開催したものです。

(※)厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会及び社会保障審議会児童部会慢性疾病患児への支援の在り方に関する専門委員会の合同委員会

 今後、本ワーキンググループと別途開催された研究・医療ワーキンググループにおける検討結果を踏まえ、合同委員会において更なる検討が行われる予定です。

資料はこちら

2020年01月22日|委員会等:委員会